東京都港区のピアノ/ヴァイオリン/フルート教室 ミナトの教室ポリシー

ミナト教室ポリシーTOP >> 個人ピアノ教室の現状

個人ピアノ教室の現状

大手がだめなら、個人のピアノやヴァイオリン、フルート教室はどうなのでしょうか。個人ピアノ教室の現状をご紹介したいと思います。

日本の音楽業界を牽引してきた個人ピアノ教室

懇切丁寧で地域に密着

ピアノに限らず、フルートやヴァイオリン、クラリネットやサックスにしてもほとんどの場合、音大に入るためには個人の教室で習ってらした方が多いはずです。個人の教室はまさに日本の音楽界を牽引してきたといっても過言ではありません。

大手にはないきめ細やかなレッスンとアドバイスで、お月謝も廉価で、個人と言いつつ大手を脅かしているような大きな規模の個人教室もたくさんあります。

アットホームで融通が利く

お月謝も安めで、自宅でレッスンされていることも多いので広く、お茶を出してくれたり親切に教えてくれるお教室も多く、とてもお勧めできる個人のお教室も多いと思います。文字通り、アットホームで温かいレッスンを受けることができたりするのも個人のお教室の魅力だと思います。
 

個人ピアノ教室の問題点

多くが、違法営業であること

これは特に都市部の音楽教室について言えることですが、マンションの中で音楽教室を行っている場合、そのほとんどが違法営業なのです。ほとんどのマンションでは「事業を行ってはならない」と賃貸契約書に規定されています。

なぜならば、マンションは本来人が住むべき場所で、商売をすることを禁止されているからです。例えばマンションの中で託児所を勝手に開いたりすると子供の声が近所に迷惑になったりするように、他人に迷惑になるので禁止されています。そしてそれを破った場合速やかに退去すべきという文言が、マンションであればほぼ例外なしに入っています。これは自分が購入したマンションでも管理規約で定められていることがほとんどです。

なんの届けでも出さずにマンションで数年営業していたらオーナーにばれて立ち退きを要求され、生徒さんに全員辞めてもらったという話も聞きました。生徒さんからするととんだとばっちりです。

結婚して引っ越したり、ビルから苦情が来て、いきなり教室がクローズするかもしれない等、リスクが大きいのがデメリットといえるでしょう。もちろん、先生はそんなことを聞いたところで「大丈夫ですよ~」と体験レッスン時に話すので個人教室をお考えの方はあらかじめ知っておかれるとよいと思います。

看板も出せない。男性の生徒を許可していないことも

ほとんどの場合、グレーゾーンで営業しているので、広告のチラシを撒いたり、看板を表に出したりはできないのです。ということは生徒さん集めはインターネットか口コミに頼るしかなくなります。そうすると、生徒数が増えづらくなり、教室がいつ潰れてもおかしくないという不安定な状態になりがちです。

また、他の記事にも書きましたが、本当にたくさん、男性の方から嫌がらせの電話が音楽教室はかかってくるものなのです。ミナトにも最初はたくさんかってきました。そういった理由で男性の生徒を受け付けていないことも多くあり、本当にやる気がある男性の生徒さんにとってはとても悲しいことです。

ミナトの男女比は5:5。男性だって音楽をやりたいんです。個人のお教室は男性のニーズに応えてくれないことが多いといえます。

厳しい先生であったり、近所の人間関係でやめられない事も

音大を出たら「自分はピアノの先生」と言い出して教室を勝手に開けるのが個人教室のいいところでも悪いところでもあります。最低でも1,2年はどこかで指導経験を積まないと教えることができません。指導経験がない人にあたった生徒さんはとても可哀想、ということになります。

厳しい先生だとピアノやヴァイオリン自体嫌いになってしまうことも。
もっとかわいそうなパターンは、先生が嫌いなのだけど同じマンションだから、ご近所だから人間関係的に辞めることができないというケースも、意外に多いのです。そういう意味で、特に近すぎる教室(同じマンション)などは避けたほうが無難といえます。

個人教室は便利で融通が引く半面、こういった近所の人間関係を考えないといけないところは、スタートしてはじめてわかることです。

個人教室は、希望の時間に予約を取れないことが多い

大抵の場合、大人も子供も希望の時間や曜日はかぶるものです。そうすると、同じ時間にレッスンを受けることは個人の教室では不可能になります。先生はひとりしかいなくてお部屋もひとつしかない。となるとどうしても希望の曜日時間が取りづらくなります。

例えば、ある生徒さんが水曜日か土曜日の5~6pmがいいとします。ミナトなら数十部屋も部屋がありますし何十名もの優秀な先生が在籍されているので最適な講師をご紹介できますが、個人の教室ならば「土曜はまず無理、水曜 う~ん 7:30pmからならどうですか」などと無理やり押し込むようにせざるを得ないのです。

特に最近の社会人もお子さんも、本当に予定がタイトです。ミナトは20部屋ありますが同じような時間に集中して予約が入ります。これは同一需給圏、つまり同じ学校、同じ塾、同じ習い事をしている為にどの地域でもほぼ必ず起こる現象です。

別の記事で大手の総合音楽教室のことについて書きましたが、部屋数が多かったり講師数が多いので希望する日時にレッスンを受けられることは生徒さんにとってとても大切なことだと思います。

部屋数が少ないので、予約が取れない。もしくは効果が薄いグループレッスンになってしまう。

これは個人の音楽教室の大きなデメリットで、大手に勝敗が上がるところでしょう。

個人の音楽教室は結局どうなのか

個人の音楽教室は先生が代表であり、良くも悪くも全てを決めます。音楽のレベルが非常に高い先生であればきめ細かくアドバイスをしてくれたりと大手にないサービスが可能です。

基本的に個人のお教室は、生徒さんのために尽力していて良心的に経営している、しようとされているお教室が多いのではと感じています。

しかし、現実面では同じ時間にレッスンを出来ない、家庭の事情で教室を閉じざるを得ないなどカバーしきれていない面が多い。先生がすべてを決めるので王様のようにふるまってしまう これも事実であったりします。かなり個人教室の肩を持った書き方をしましたが実際には部屋が汚かったり先生が時間に遅れてきてミナトに移ってこられたというかたも相当数いらっしゃいます。

ミナトがご自宅から遠い皆様は、ぜひこれらのことを念頭に、音楽教室をお選びになられるとよろしいかと思います。

このように大手と個人の音楽教室にはそれぞれ善し悪しがあります。

いいところだけを融合して、最高の教室を作ることができないか。こういったコンセプトのもとに設計されたのが、ミナトミュージックサロンです。


ミナトの教室ポリシー © 2016