東京都港区のピアノ/ヴァイオリン/フルート教室 ミナトの教室ポリシー

ミナト教室ポリシーTOP >> 一般の発表会とミナトの発表会

一般の発表会と、ミナトの発表会の大きな違い

発表会についてミナトはどう考えているのでしょうか。音楽業界の実際のところを、本音の本音で語ります。

発表会の効用

ミナトでは、年4回もの発表会を行っています。宣伝的なことは抜きにして、その理由をご紹介させてください。

子供に対する発表会の意義と効用

発表会に出ると、出るまでの間、いろんなことを子供なりに考えます。そして目標に向かって練習して、成功しても、失敗してもそれが必ず、お子さんの為になるのです。

自信を無くしてしまったら立ち直れないのでは、という親御さんもいらっしゃいます。しかし、お子さんには今後の将来、たくさんの困難が待ち受けているはずです。それを乗り越える力をつけてあげるという意味でも、発表会は非常に有意義です。

教室を走り回っていたお子さんが、発表会が終わるとピシッと静かにレッスンを受けられるようになったりと発表会の効果には毎回驚かされます。運営側としては、できるだけ出してあげたほうがお子さんの将来のためにも、いいのではと考えています。また、プロのカメラマンに撮ってもらった動画や写真は一生の宝物になるのではないでしょうか。。

発表会は完全に自由参加ですが、ここではミナトが考える子供の発表会参加の意義を書かせていただきました。

大人の発表会は、楽しいイベントという位置づけでOK

大人にとって発表会は、趣味です。社会人でらっしゃいますから、出る出ないはご自由に決められたらいいと思います。ただ、出られると必ず上達することは確実です。恥をかいたりうまくいったり誇らしかったりいろんなドラマが必ずあるのが発表会です。

サントリーホールや浜離宮朝日ホール等 日本でも指折りのホールで弾くことには、大きな意義があるように思います。もちろん出場されたい方はされるとよろしいと思いますし、発表会だと身構えず、ひとつのイベントのような感じに受け取っていただき、出たくなったら出る、というスタンスでいらっしゃられるとよろしいのではと思います。

たくさん発表会を、いい会場で、リーズナブルに実施する理由

発表会は教室の私腹を肥やすための存在ではいけない

ピアノ教室やバイオリン教室がいろんなホールで発表会をやっているのに、ホームページを見てもどこのホールでやったか書いていないことが多いのにお気づきでしょうか。ほとんどの場合、公共の施設で、「料金をとってはいけないホールで」開催しているのです。そして、ほぼすべての音楽の講師が出演料として生徒からお金を徴収しています。 ばれたらまずいのでホームページに書けないわけです。

公共の施設を安く使い、生徒からは出演料をがっぽり取る。要は規約違反なのですが、公共のホールの音楽教室の規約違反の利用は本当に多いのです。先のマンションの中の違法営業にしても、音楽業界は違法のオンパレード。そしてそういうホールは大抵 とても交通の便が悪い場所にあり、かつ設備もあまりよくない。

それなのに、発表会参加費用は1万円以上と高止まりしています。公共のホールは大きいホールでもホールのレンタル料金なんて4~5万円程度。アシスタントの講師に給与も払わない、例えば40人出演したら30万円位は教室オーナーの懐に入っていると思われます。ミナトの発表会、サントリーホールだとレンタル料金と諸設備費用で80万円近くいくのに値段はほぼ同じなので、教室サイドの人間がいうのも恐縮ですが、すごく良心的だと思いますよ。

発表会は生徒の為にあるべきである

一度、ミナトの先生に言われたことがあります。

「発表会で、生徒から利益を得るなんてありえないです!」
まったくその通りだと思いました。Grand Concertに関しては、プロが撮影した動画と写真も無料でプレゼントしています。DVD作って売ったりもしていません。繰り返しますがプロの撮影した動画・写真も無料です。

良心的な音楽教室でありたい

音楽教室ならば、発表会というのは生徒のためにやるべきなのです。しかし、だからといって音楽家をボランティアで参加させてはならない、きちんとプロとして動いてもらうように報酬を支払うからこそ、充実したサポートが可能なのです。

ほかの教室で実施された際には2、3万円参加費をとってらしたようで定期的にこのようなホールで開催しているのは、日本でもミナトミュージックサロンのみ。好きこのんで、赤字になってでもいいホールで皆さんに演奏していただきたいと考えるのはミナトくらいのものでしょう…(苦笑。

正直なところ、生徒数もそれなりにいますから発表会の参加費をもっと上げても定員は埋まるんです。しかし発表会でお金儲けという概念は教室としてよろしくないと考えています。やる気のある生徒にのみ出てほしい。と考えています。

このように、最高の会場と、サポート体制で、利益度外視で生徒さんのことだけを考えて企画しているので、「発表会に出てください!」と自信をもって言えるのです。

発表会は、できるだけ安価に、出来るだけいい場所で。それが生徒さんのためになると強く信じているから決行しています。これがミナトの発表会に関するポリシーです。


ミナトの教室ポリシー © 2016