東京都港区のピアノ/ヴァイオリン/フルート教室 ミナトの教室ポリシー

ミナト教室ポリシーTOP >> 大手の音楽教室

大手の音楽教室について考える

まずは、音楽教室といえばあそこ!と思いつくであろう、現在の大手の音楽教室の現状、メリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

大手音楽教室のメリット

アクセスがいい

大手の教室のいいところは、なんといっても「アクセスがいい」ということです。特に都会であれば駅を使って移動することが多くなり、必然的にアクセスがいい場所にある教室を音楽教室に限らず選びたくなるものです。このアクセスの良さはとても大切で、通勤圏内、通学圏内であることはとても重要だと思います。

大きな駅から近いだけで通いやすくなります。意志の力だけで遠い教室に通い続けるのは困難なことで、アクセスの良さは大きなメリットといえると思います。

教えている楽器の数が多い

ピアノ、ヴァイオリン、フルート、サックス、三味線、ウクレレなど幅広くレッスンを行っているのが大手音楽教室のいいところ。例えばトロンボーンやタンバリンなど、比較的メジャーではない楽器レッスンを受けることができるのは大手ならではの魅力といえるのではないでしょうか。

ただし、マイナーな楽器に興味がない方にはこれはメリットには当然なりません。

部屋数が多い = 予約が取りやすい

一般的に、大手は部屋数が個人よりも多いものです。この部屋数が大切でして、希望する時間に部屋数がないとレッスンを受けることができません。例えば個人の教室だと、一人がその時間に埋まったらそれでアウトということになってしまいます。これを避けられるところが大手のいいところです。

予約の取りやすさ = 部屋数 × 講師の数 これをぜひ知っておいていただければと思います。たいていの場合、先生よりも部屋が不足している場合が多いといえます。

大手に属しているという安心感

大きい音楽教室は、とにかく名前が通っています。どこに行っても誰が聞いても知っているような音楽教室で学んでいると、根拠はなくとも漠然とした安心感を感じられる方も多いのではないでしょうか。「有名な、~教室だから」という名前で通われている方も多いのでしょうか。

大手音楽教室のデメリット

なかなか上達しない

先に、名前を知っているという安心感と書きましたが、その多くがCMで植え付けられた記憶だと思うのです。

「友人が通っていて、すごく上達したと言っていた」という友達から聞いた大手の教室の話は、ほとんど聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。

あったとしても必ずしもその知名度とは比例していないと思うのです。名前が通っていることと、上達する教室か否かは、別なのです。

なぜならば、大手の場合料金を高めに設定しています。そしていかに先生の給与を下げるかに腐心します。そうするとグループレッスンになったり、先生のクオリティ低下を招き大手=なかなか上達しないということになってしまいます。

いい先生が集まりにくい事実とその理由

音楽レッスンは、先生がすべてです。 お上手でない先生にいくら長年習ったとしても、いつまでたっても上達しません。まず、これは絶対の大原則としてこれから習われる方には特に知っておいていただきたいと思います。もちろん、価格、アクセスなどもありますが本質的にはレッスンを受けに行っているわけですから先生が下手だと話になりません。

ごく稀に、大手教室でも本当にお上手な先生もいらっしゃいますが、それはかなりの例外。大手の教室だと、生徒さんからいただいたお月謝のほとんどの部分を教室に持っていかれます。例えば大きい教室だと、上場していて株主がいます。そうすると最も利益を得るように経営をしないといけないので、利益が最優先され講師の給与はコストとして考えられ、ギリギリまでカットされます。

そうすると、お上手な先生は集まりにくくなり、そうでない先生ばかりが集まるようになります。稀にお上手な先生が来たところで、先生も生活がありますからいい給与の教室があったらすぐ辞めてしまいます。

生徒さんからすると、お上手でない先生に教えられる確率が高まることとなり、仮に上手な先生にラッキーなことに出会えても、すぐ先生がやめてしまうのでまたイチから教室を探すために体験レッスンをぐるぐる受けるということになってしまいます。

 

音楽への想い、伝えたい音楽があるから教室

ピアノもヴァイオリンもサックスも、ジャズもポップスもギターも歌も三味線も学べます!こんな音楽教室さんが増えています。もしこれだけのバリエーションの楽器があれば、自分が習いたい楽器が習えて幸せ♪と思われるかもしれません。

しかし、これには大きな落とし穴があるのです。いい講師を採用するためには、その道に熟達していなければなりません。その意味で、相当無理があると思うのです。教室の経営者が、音楽経験者であり、かつクラシック、ジャズ、ポップスに精通していて前述の楽器すべてに精通しているというのは不可能です。

音楽教室とはこういう音楽を伝えたいという確固たる信念があるから教室なのです。 その想いもなしに音楽教室を名乗るところが多すぎると思いませんか。

多様化したことにより落ちた音楽レベル

例えば、クラシックを学んだ経営者や面接官であればピアノ、頑張ればヴァイオリン、フルートあたりはなんとかわかるでしょうが三味線のことは一切わかりません。ギターやドラムのことももちろんです。もしそれらに精通したスタッフがいるならば別ですが大抵の場合、音楽教室はマネージャーが一人、後は時給900円程度のアルバイト。ほぼ例外はありません。

つまり、面接のしようがないのになんとなく面接して採用している、という教室が本当にとても多いのです。最近は基礎となるピアノ等の基幹楽器すらも理解していないことがとても多く、そういう大手の教室に通うことになった生徒さんは不運としか言いようがありません。

電子ピアノ、グループレッスン…生徒にわからないところでごまかし続けた結果

大手の音楽教室は、生徒をかき集める為、入会させる為にいろいろな試みを行いました。様々な楽器レッスンを開催したり、駅の近くに教室を作ったり、先生の給与を下げられるだけ下げたり、入会キャンペーンや月謝割引キャンペーンを打ってみたり。

例えばお子さんがいらっしゃるお母さまから「若い先生のほうがいいんです」と言われると若い先生を積極的に雇用してそういう先生を子供向けにご紹介したり。場所をとらないのでより多くの生徒を教室に入れられる為、コストが低くて調律がいらない電子ピアノを多用したり。

本物のピアノでなくても電子ピアノでも安ければいいだろう。ピアノがあっても、めったに調律しなくてもわからないだろう。若い先生を生徒がいいというから若い先生ばかり紹介したり。

20代前半の講師は、経験不足の為教え方が不充分だったり、留学したり結婚したりと不安定になりがちなので慎重にならねばならないのです。

一般社会的に考えても、若い人は未熟で社会経験・指導経験も浅く、また転職の可能性も大です。やはりある程度経験を積んでいるベテランでないと、教えるということは難しいのではないでしょうか。

都合の悪いことを隠し続け、音楽を知らない生徒が求めるだけのニーズに応え続けたこの結果、どうなったのでしょう。

音楽の立ち位置そのものを落としてしまった

そういう、好ましくない、本来してはいけないことをし続けてしまった結果、どうなったのか。音楽を、「芸術に触れる」という高尚なものから「他の習い事と同列のオケイコ」というレベルにその地位を落としてしまいました。

本来であれば、音楽教室というのはすべからく感動を与えてくれる、芸術的な演奏をされる先生に、「感動したのでぜひ教えてください!」と頭を下げて生徒がお願いするような形があるべき形で、「入門」という形がしっくり来る世界だと思うのです。

それを、バーゲンセールのように音楽を売り出し、どうぞ入会してください!と広告費にお金を使いつつ、先生への給与やピアノ設置費など必要なコストは徹底的にケチり、経験が浅くても音大出ていればいい、電子ピアノでもグループレッスンでも生徒にはどうせわからないだろうと思いそういう好ましくないことを重ねた結果、大手の教室は非常に薄っぺらい「音楽教室」になってしまったように思えてなりません。

入会金キャンペーンをやっていませんか、とたまにミナトでも聞かれますが、一切行っておらず今後も行う予定もありません。なぜ教室がキャンペーンを打たなければならないのか?本来の指導ポリシーをしっかり貫き、生徒さんの信頼を得られていれば割引など必要ないのです。逆説的に言えば、キャンペーンを打っている教室は、生徒に人気がない=講師や料金など何か問題がある、と考えてもいいと思うのです。

それでは、個人の音楽教室はどうでしょう。


ミナトの教室ポリシー © 2016